二十四節気・3月20日「春分の日」

こんにちは。昨日は「春分の日」でした。

 昼間は本当に眠たくなるような暖かい日で、外に出たがる子供を連れ、ドライブに行って参りました。気候が良いと気分が良くなるもので、始終ニコニコ顔の子供と久しぶりのランチ。

 帰ってきて家の仕事をしていると、子供が「雨が降っているよ。」と言ってきました。

「あれあれ?あんなに良い天気だったのに、しとしと雨だねえ。」雨足が本格的になり春の雨でしたが、夜になるとどお〜ん!と大きな音。「あれ?花火だ。」

 夜空に大きな花火が。春の雨の中、勢いよく上がる春の花火。

 なんとも不思議な光景です。なんだか夢を見ている気分に。

 開催側の方々も雨の中、よく思いきられたものです。お彼岸ですし、ご先祖様も一緒に見ていてくれるでしょうね。

 この日から少しづつ、昼間の時間が長くなっていきますよ。

 さあ、春です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)