ソードの7というタロットカード

タロットカードの一枚に、「ソードの7」というカードがあります。

タロットをご存じない方のために解説すると、ソードは「知性、策略、理性、社会性」などを表すカードです。ソードは人間の作り出した道具であり、自然に出現することはありません。人間の知恵、試行錯誤、こういうものを作りたいという思考や考えなどがあって初めて形となります。

「自分はこうやりたいんだ。」「自分はこの世界でこういう結果を出したい。」

では、それらを実現するためには、実際にどう行動すれば良いのか?

みなさまご存じの通り、世の中はたくさんの人々の思考や思惑が飛び交う世界です。

そう簡単には、他人は自分の思い通りに動いてはくれません。

カップのように「感情」だけでは流されてしまいますし、ワンドのように「情熱」だけでも進めません。ペンタクルのように「物やお金」だけあっても、それを使いこなせなければ、進むことは困難です。

「ソードの7」は戦う戦士たちを尻目に、ちゃっかり「剣」を盗み出す男性が描かれています。表情を見ると、笑っている様子。「うまくいったぜ。」という言葉が聞こえてきそうです。

後ろで必死に戦っている戦士たちが知れば、「俺たちはこんなに血みどろになって戦っているのに、お前はなんだ。お前だけずるい。お前も一緒にここへ来て戦え。」とでもいうでしょうか。

男「あんたたちはなんのために戦っているんだ?俺は無駄に戦って傷ついて、血だらけになるなんてごめんだね。戦うことしか解決法がないのか?頭を使えよ。もっともっと考えろよ。なんのための脳みそだ。」

戦士たち「俺たちはお前のような卑怯なマネはしたくない。姑息になるくらいなら戦って死んだ方が本望だ。」

男「卑怯でもいい。俺は生きたいんだ。戦って死んでしまったら生きられないだろう!」

男の体は不自然に前と後ろを向いています。これは心と体が裏腹の行動を指していると言われています。

しがらみの多い世の中です。時には戦士のようにストレートに、時には男のように泥をかぶるしかないときもでて来るでしょう。

どうにもならない事態に陥ったとき、あなたはどうしますか?戦士のように、自分のプライドを貫きますか?それとも、この男のように要領よく立ち回りますか?

あなたはどうしたいでしょうか。      終

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)